リトミックは何歳までにはじめれば良いの?

未就園児の習い事として人気のリトミック。
私も大手幼児教室や、音楽教室に子供を1歳から通わせていて、親子で楽しくリトミックを習っていました。
リトミックを習う事出来る教室は、1歳、2歳…、と年齢別にクラスを設けている所が多いです。
“何歳までに始めなければいけないということはありません。

ですが「リトミックを習わせたい!」「音楽に触れさせたい」と考える方は、
その先に「ピアノなどの楽器を習わせたい」という気持ちがあることが多いです。
ピアノには始め時があり、多くは4歳の幼稚園年中からと言われています。
リトミックを習おうと思っても、4歳ですと「ピアノコースに…」と促される場合が多いです。
ですので、「ピアノを始める4歳頃まで」が一般的に多い、リトミックを習う時期の終わりなのかな、と思います。

3歳以降だけれど、リトミックが習いたい!

4歳以上でもリトミックが習いたい!という方もいるでしょう。
リトミックは何歳から始めても、楽しめる習い事だと思います。
ですが、大手音楽教室や個人教室では0歳~3歳がリトミック、4歳以降はピアノ、と区分けされている事が多いです。
4歳でリトミックを受け入れている教室も、少数ですがあります。
ただ、一般的には4歳はピアノに移行している子が多いのでグループの仲間は0~3歳児という状況も有り得ます。
ピアノと違い、リトミックは集団で習うもの。
その状況を、親子共に受け入れることが出来るか?というのが4歳からリトミックを習うデメリットなのだと思います。

もう4歳…リトミックの始め時を逃してしまったかも?

リトミックを習いたかったのに、もう4歳になってしまって出来ない…
そんな風に悲観はしないでください!
幼稚園に通っているお子さんなら、実はリトミックには触れているんです。
クラスメイトと歌や手遊び、時には全身を使って踊る…これだって立派なリトミック!

また、4歳からのピアノ教室でも…いきなり両手で演奏!なんてことはしません。
歌ったり、リズムに合わせてカスタネットを叩いたり。
例えば、私の息子が通っていた大手音楽教室のピアノコースでは全身で歌を表現したり、リズムを体現したり、もしていました。
リトミックとピアノは全く別の習い事では無く、繋がっているんです。
音符カードを見ながら、体で音符の長さを表現する…など低年齢児とは違った形で音楽に触れて行きます。
ですから「もう出来ない」「遅い」ということは無く、音楽を習うのであれば自然と身につくもの。
それがリトミックです。

■料金は?

リトミックは、習い事の中でも安価に習える習い事です。
大体3000円~4000円代が一般的です。
地域の交流センターを利用している個人教室だと、1500円くらいの所もあります。

リトミックは毎週では無く、月2回、3回を設定している教室が多いです。
私も経験者ですが…未就園児の習い事って、思っている以上に大変。
昼寝の時間に被らない様に、朝から調整して…機嫌が悪くならない様気を遣って…。
また低年齢だと体調も崩しやすいので、毎週だととっても大変!
月2~3回くらいがちょうど良いです。
回数が少ない分、月謝も安価で済みますので、未就園児の習い事としては魅力的なのですよね。

実は自然に身についているリトミック

リトミックは、実は生活に密着しています。
おかあさんといっしょやいないいないばあを見て、歌いながら全身で踊る。
これだって立派なリトミック。
また、自治体のリトミックイベントや、大手音楽教室の単発イベントで経験するのも有り!
私も、上の子が通っていた音楽教室の単発リトミックに何回も参加したことがあります。
1回完結型なので、通いやすく手軽。
しかも安い!
積極的にそういうイベントを活用するのも良いと思います。

まとめ

どうでしょう?
低年齢児から子供を通わせた経験者としては…入園前に集団を学べた事、習った事を生活に取り入れて楽しめたこと、
親子共にお友達が増えたこと…家では学べない、得難い経験だったと思います。
リトミックを習う事で、家でも遊びのバリエーションが増えました。
ピアノに移行した時にリトミックで培ったリズム感に助けられた事も実感しました。
リズム遊びが好きな子、全身を動かしたい子には、とってもおすすめの習い事だと思います。

リトミックを習うのに「遅い」ということはありません。
教室によって、体育館を走り回って音楽を体現したり、音符カードでリズムを学んだり、特色は様々です。
お子さんに合うリトミックの取り入れ方を見つけ出してくださいね。

コメントを残す