蚊に刺されると、何でかゆみがあるの?【蚊に刺され対策】

夏になると嫌なものの代表が蚊じゃないでしょうか?

蚊に刺されると、本当にかゆいですよね。
ブーンという不快な羽音と、かゆみさえなければ共存できるのに…と私は本気で考えています。
何故刺された跡がかゆくなるんでしょう?
実は、蚊の唾液に対するアレルギー反応なんです。
では何故蚊は唾液を人間に対して使うんでしょう?
またかゆみを治めるにはどうしたら良いのでしょう?

蚊に刺されると何故痒い?

人間がかゆみを感じるのは、実は蚊に対するアレルギー反応です。
蚊は血を吸う際に、唾液を注入します。
蚊の唾液は、吸血を人間に気付かれないようにする麻酔成分と、短時間に吸血出来る様に血液凝固を防ぐ役割があるため、血を吸うには不可欠です。
その唾液に対して、人間はアレルギー反応を起こしかゆくなるのです。

では例えば、小麦アレルギーの様に…アレルギーを起こす人と起こさない人といるのでしょうか?
中にはあまりかゆみを感じないという方もいるそうで、特に年齢を経た老人層に多いです。
ですが残念ながら、今のところ蚊の唾液に対してアレルギー反応を起こさない免疫の存在は報告されていません。
製薬会社さんに開発を頑張って頂きたいですね!

痒みから引き起こすトラブル

子供の病気で多い「とびひ」を聞いた事はありませんか?
正式名称は伝染性膿痂疹といいます。
この「とびひ」、蚊に刺された事によって引き起こされるケースがとても多いんです。
蚊に刺されてかゆい箇所を、掻き壊すことで、小さな水ぶくれ状の傷になります。
その傷に細菌が入り込み感染。
それをまたかゆみから掻き壊すことで、水ぶくれが破れます。
水ぶくれの中の液体が飛散したり、手についた状態で別の箇所を触る事で爆発的に増えていき、とびひとなるのです。
蚊に刺されの痒みによる二次被害ともいえます。
実際、息子も蚊に刺された跡からとびひになりました。
虫刺されでとびひになるなんて、全く知らなかったので驚きました!
よく、蚊にさされた跡を爪でバッテンを付ける人もいますが、これも傷をつけてしまうためNG!
ですから、蚊に刺されることや、蚊のかゆみは危険でもあるのです。

蚊に刺されたらどうするか?

蚊に刺された場合、気付くのは「かゆみ」からが一番多いです。
ですので、かゆみが起きにくいタイプの方は刺された事に気付いていないことも多いかもしれないですね。

蚊に刺された後のかゆみを抑えるには幾つか方法があります。

石鹸で洗う

かゆみを引き起こす、蚊の唾液は酸性です。
ですのでアルカリ性のもので中和することでかゆみが抑えられます。
アルカリ性の石鹸を使用してくださいね。

温める

痒みの原因の唾液は、たんぱく質です。
たんぱく質は熱に弱い為、約50度で破壊されます。
ですから、50度のお湯につけたタオルで拭うなども効果的です。

冷やす

逆に、冷やす事もかゆみには効果的です。
血管が収縮するので、かゆみが広がらずに済み、また冷たさによってかゆみを感じなくなります。
保冷剤で冷やす、氷をあてるなども手軽に出来る方法です。

虫刺され薬をつける

かゆみ止め成分が配合されているので、効果有りです。
年齢別や、液体、軟膏などタイプも様々なので、合う薬を選ぶと良いですね。
我が家は、キャラクターの顔が書いてあるパッチタイプを夏はおでかけに持ち歩いています。

蚊に刺されのまとめ

蚊に刺された場合、唾液の注入は防ぐ事は出来ません。
かゆみが起きるかどうかは、体質にも関係していますので…私たちには選べません。
かゆみが起こった際に、適切な処置をすることで二次被害を防ぐことができます。
きちんとした対処をし、刺されても大丈夫な状態にしておきたいですね。

コメントを残す