リトミックで絶対音感は身につく?

リトミックで絶対音感は身につく?

息子は大手音楽教室に通っています。
転勤もありましたので、今までに何人もの先生と接してきましたが…どの方も絶対音感を持っていました。
お風呂のわくメロディーもドレミで聞こえる。
○○線の発着メロディーは音感がずれているので聞いていることが出来ない。
など色々経験談を聞きました。

絶対音感はある程度の年齢まではトレーニングで育てられると言います。
リトミックでそれが育つのか?
答えはイエスでもノーでもありません。
リトミック「だけ」では育たないからです。

では何が必要?

リトミックは「音を聴く」「体で表現する」など様々な角度から音楽に向き合う物です。
絶対音感のトレーニングとしては、ちょっと不十分。
何故かというと、「ソ」の音を聞いて、それが「ソ」だと解らないからです。
音の高さはわかります。
でも、五線の上での「ソ」を習っていない為それが「ソ」なのかどうか解らないのです。
ですから、ドレミファソラシドの音階を知るソルフェージュという段階を経て
その高さが「ソ」であると認識する訳です。

一般的に絶対音感を持っている人は、ソルフェージュを覚えるのが早いというのは
感覚的に音の高さをわかっているから。
その高さが、どの音階に当てはまるのか。だけを知れば絶対音感として身に着くという訳です。

リトミックは何歳までに開始するべき?

これは教室や先生によっても考え方はまちまちです。
でも多くの方は3~6歳くらいだと言います。
聴力も個人差がありますので、この年齢!とは言い切れないのが実情です。

ただピアノの始め時と言われるのが、4歳の幼稚園年中。
この年齢が一番耳が育つ時であり、また理解力もあるので鍵盤演奏にスムーズに入れると言われています。
ですから、4歳を軸として考えると良いのかなと思います。

絶対音感が育ちやすい教室

個人教室などでも音の聞き分けや、耳を育てるといった事をしている所も多いです。
が、「生徒の耳が良い」ことで有名なのは息子の通っている大手音楽教室の特徴です。
幼稚園時代の試験にも、和音の聞き分けが出ていましたし…殆どの子はクリア出来ます。

いわゆる「耳コピ」という「今聞いた音を聞いたまま弾く」ということが出来る子が多いです。
私自身もそうです。
2歳から息子と同じ大手音楽教室に通っていましたので、CMの曲も再現出来ます。
最近TVで人気のみやぞんさんも同様の特技をお持ちの様です・
ただ、欠点は耳で聞き、耳で弾いてしまう為譜読みが苦手な子が多い。という点。
これはソルフェージュで補っていくしかありません。

リトミックで絶対音感は身につく?のまとめ

絶対音感を育てたいと思うのであれば、リトミックはとても良い導入部分となります。
ですが、リトミック「だけ」では足りません。
絶対音感があれば素晴らしい演奏が出来る、という訳でもありません。
ポップスやCMの再現なら出来る、かもしれません。
ですが、クラシックなどを弾きたいと思った時に、大事なのは絶対音感よりも楽譜の理解です。
そのためには、リトミックで培った経験に加え、ソルフェージュ力が必要になります。
それに演奏のテクニックを加えることで、音楽が出来上がるのです。

聞いた音を聞いたまま表現する。
音楽を「遊び」として日常に取り入れるのって、とても楽しいですよ。

コメントを残す