お中元っていつまでに贈ればいいの?

6月に入ると、さて今年のお中元は何にしようか?と考えなければ
なりませんね。
そして、いつまでに贈るのが正しい贈りかただったでしょうか。

感謝の気持ちがきちんと伝わるように、もう一度整理しま
しょう。

お中元はいつまでに贈るのがよいですか?

お世話になっている方に、今年前半の感謝の気持ちをこめてお贈り
するのがお中元ですが、いつまでに贈るのがよいのでしょうか。

いわれがいろいろあるようだし、またデパートでは6月の初めから
お中元セールを行っているし、一体いつ贈ったらいいんでしょうね。

お中元を送るのは7月初めがベスト

一番大事なのは感謝の気持ちをお届けすることですが、お贈りする
タイミングのせいで、気持ちが伝わらなくなってしまってもいけない
ので、7月の初めに届くようにお贈りしましょう。
それが一番無難だと思います。

デパートに6月中に行って、お品物を決めて、発送の手配をお願い
するのはかまいませんが、お届け日は7月になってからとしてもらい
ましょう。

もしもおそくなってしまったら

何かの都合で8月になってからお届けするようなことになってしま
ったら、お中元ではなく、「暑中お見舞い」あるいは立秋も過ぎて
しまうようなときは「残暑お見舞い」としてお贈りしましょう。

お中元ってなんであるの?

お中元は、そもそも中国の道教の7月15日の先祖の霊を祀る行事に
由来しており、日本に伝わって、それがお盆の行事として習慣化し、
さらに、その時期にお世話になった方々に贈り物をするようになった
もののようです。

そこで、おおよそお盆の行事を行う時期と重なるようにお贈りする
のが慣わしであったようですが、現在では8月のお盆のころにお中元
をお届けするのは、どうも遅いとされてしまうようですので、せっか
くのお気持ちをしっかり受取っていただけるように、7月初め、(10
日頃迄に)お届けできるように手配しましょう。

お中元は持参すべきでしょうか?

本来であれば、お品物を持参し日ごろお世話になっていることへの
感謝を直接申し上げるべきなのですが、いろいろな事情で、そうも出
来ないことのほうが多いと思います。
そういう場合は挨拶状をお送りすることに代えましょう。

品物に添えてもかまいませんが、事前にお便りをするのもとても良いことだと思います。
現在では、お届けの日付けや大体の時刻を指定できますので、その情報をお伝えするのも大事ですね。
特に生鮮品をお贈りするときは必要なことかと思います。

お中元という大切な風習を大事にしたいですね

お中元はお祝い事ではありませんから、喪中の方に対してお贈りし
ても差し支えありません。

頂いた側は、返礼をする必要はありません。
感謝の気持ちを素直に受取るのがよいと思います。

ただお電話でもまたお便りでも、お礼をお伝えすることは必要かと思います。

お中元という日本ならではの習慣を大切にし、タイミングよく、
7月初めにお贈りして、これからも益々関係を深め、お互いを尊重し
ていけるようになるといいですよね。

コメントを残す